パチンコ台

図柄が3つ揃い、液晶演出やパチンコ台のランプが一斉に輝き始めたら大当り!ここからが幸福に包まれる瞬間です。(この時、店内のスタッフが台の上に「札」を差しに参ります)
洪水のようにでる出玉はキチンと処理しなければなりません。ここでは出玉の処理をお教えします


アタッカーイメージ

アタッカーへ玉を入れよう


大当たり中はスタートチャッカーの下にある「アタッカー」が開き、大当たり中はここに玉を入れれば、玉がどんどん出てきます。
アタッカーは特に狙わなくてもかんたんに入るので、ご安心ください。

ただしアタッカーに一定時間玉が入らないと大当りが終わってしまいます(これをパンクといいます)。ですからアタッカーが開いている間はハンドルから手をはなしたり、席を立ったりしないことをお勧めします。

玉抜きレバーイメージ

出玉をドル箱に移しましょう


大当り中は当然、たくさんの玉が出てきます。上皿に入りきらない出玉は、自動的に下皿に流れていき、更に、下皿がいっぱいになると玉が溢れるのを防ぐため、玉の打ち出しが止まってしまいます。

そんな時は下皿の玉抜きレバーを引いて台の下にあるドル箱に玉を移しましょう。
ドル箱は最初から下皿の下に置いてありますが、万が一無い場合やドル箱が玉でいっぱいになってしまったら、パチンコ台の上にある「呼び出しボタン(コール)」を押してスタッフを呼んで下さい。新しい箱をお持ち致します。

★大当りの出玉数

スタートチャッカーは玉が9個はいると一旦閉まり、またすぐに開きます。
パチンコの機種によって異なりますが、この閉まったり開いたりが15〜16回(ラウンド)続きます。
一回の大当りで、通常1800〜2000個の玉がでてきます。


【大当りで現れる再抽選】

大当りの際、3つ揃う図柄によって「再抽選」と呼ばれる液晶演出が表示される場合があります。
内容は、次のレッスンで説明する『確変と時短』と関係があり、大当りする図柄で遊び方が大きく変わります。もし、「再抽選」で大当りした図柄と違う図柄でルーレットが止まった時、さらにあなたを幸福にしてくれるハズです。

台にささった「札」の意味

大当りが始まるとスタッフがあなたの台の上に札を差しにきます。この札が差さっていることで、ドル箱の交換など、スムーズな対応をさせて頂いております。

©2004 nankaikaikan, Inc. All rights reserved.